作業療法士の指示のもと行うリハビリテーション
blog

リハビリとその種類

怪我や病気などで、身体的な能力が衰えた場合、筋肉の衰えや運動機能の低下が起こります。その際、通常の生活を送るためには元の状態へ戻す、あるいは近付ける必要が出てくるのです。よく耳にするリハビリテーションとは、こういった能力低下や機能低下の状態を改善するために行うものとされます。

ただ、誤解されやすいのが、リハビリをすると元通りに戻ると思われていることです。しかし、リハビリテーションの目的は、たとえ生活に支障をきたす状態にあっても、それを受け入れながらその人に合った生活スタイルを確立するために、治療やトレーニングをすることなのです。怪我をしたアスリートも、リハビリによってある程度は回復しますが、元の状態に戻ったとは言えません。怪我をする前と同じスタイルでプレイすることはできないのです。つまり、リハビリ後の状態で最高の結果を残すために、プレイスタイルを変えることもリハビリの意義でもあるのです。

このリハビリテーションですが、実は3つの種類があります。その3つとは理学療法、作業療法、言語聴覚療法です。これらのリハビリにはそれぞれ専門家がいて、それぞれに目的が違ってきます。そのときの状態に応じて、リハビリは専門的に分けられるのです。


《管理人推奨サイト》
生活を送るための基本的な運動能力の回復を専門に行うのが、作業療法士です。こちらの養成校のサイトでは作業療法だけでなく、理学療法のリハビリテーションについても紹介されているので、参考にしてみてください ⇒ 作業療法士 養成校